影絵の女たち

影絵の女たち 表紙イメージ

[著者] 桜田靖

明治末年に起きた「長野正善寺行李詰婦人死体事件」が下敷きです。
この事件は、旧浅草黒船町(現駒形町)で発生の、愛人に惚れ込んだ亭主が女房を殺害し、せめて亡骸を菩提寺に葬ってやろうと死体の身元を偽装して送ったことに端を発しました。
現代の世で、同地に先祖代々居住の男と同棲の熟女、偶然出会った少年時代の家庭教師で熟女ヘルスマッサージ師が生まれ変わりのような運命を辿りました。

価格:300円(+税)