HOME > 書籍一覧 > 現代教養文庫ライブラリ

現代教養文庫ライブラリ

新着順書名順

全11ページ中1ページ目を表示しました(合計:107点)

← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 →

ギリシャ神話<付 北欧神話>

[著者] 山室静

二大神話のひとつギリシャ神話の永く読み継がれる名作が誕生。付・北欧神話。

価格:600円(+税)|カテゴリー:若い人への古典案内

一茶名句

[著者] 荻原井泉水

「七番目の日記」「おらが春」「一茶発句集」から、いかにも一茶らしい代表作を季題ごとに取りあげ解説を加えながら鑑賞の仕方を案内。巻頭の「一茶の生活とその句」以下、鄙の俳人の感性がイメージ豊かに描かれる。

価格:600円(+税)|カテゴリー:若い人への古典案内

芭蕉名句

[著者] 荻原井泉水

芭蕉・一茶研究に多くの足跡を残した著者が著した画期的入門書。「解することと味わうこと」「名歌鑑賞」「名句拾遺」の多面的な章だてと、春夏秋冬に分けて収録するなど工夫が凝らされ、俳聖の人と作品の全貌を描く。

価格:600円(+税)|カテゴリー:若い人への古典案内

万葉名歌

[著者] 土屋文明

数多い類書と比べ本書の最大の特色は、各巻からの抜粋ではなく、年代順に鑑賞・研究するところにあることと、何よりアララギ派の実作者である著者の感性が解説・注釈、歌の選択にも生かされているところである。

価格:600円(+税)|カテゴリー:若い人への古典案内

今昔物語

[著者] 西尾光一

原典は全31巻、天竺(印度)、震旦(中国)、本朝(日本)の三部で構成される。多くを占める仏教説話より世俗説話に光り当てて王朝文学に対する庶民を物語る60篇を収録。説話文学の調子をそこなうことなく現代語訳。

価格:600円(+税)|カテゴリー:若い人への古典案内

平家物語

[著者] 長野嘗一

著者は源平合戦の話を祖父から聞かされて育ったという。平家物語はいわば著者にとって歴史のアイデンティティーを辿る研究でもあっただけに、「語り物」としての古典の特徴が見事に再構成され、読物に昇華されている。

価格:600円(+税)|カテゴリー:若い人への古典案内

源氏物語入門

[著者] 池田亀鑑

約一千年前に書かれたこの物語がなぜ人々を捉えるのか。その物語の魅力、紫式部の人物像などの謎を探って、しかも作品鑑賞の手引書を目ざすという希有な試みを両立させ、「源氏学の泰斗」と称されるにふさわしい名著。

価格:600円(+税)|カテゴリー:若い人への古典案内

雨月物語・春雨物語

[著者] 上田秋声 訳:神保五彌・棚橋正博

歌人、茶人、浮世絵草子・譚本作者で江戸中期の国学者上田秋声の短篇怪奇譚集の現代語訳。中国や日本の古典を素材として怪異出現の必然性、怪異描写の迫真性は類をみない。超現実・非現実の奥行きを読む格好の書。

価格:600円(+税)|カテゴリー:若い人への古典案内

近松名作物語

[著者] 高野正巳

西鶴、芭蕉とともに元禄文学を代表する近松の文体は現代語に写すことが困難といわれたほどだが、原典の味わいを失わず、特に心理描写などにこなれた訳をほどこした定評の書。「曾根崎心中」など世話物八篇を収録。

価格:600円(+税)|カテゴリー:若い人への古典案内

歎異抄入門

[著者] 歎異抄研究会

原典は、弟子の唯円が師の言葉を聞き書きし鎌倉中期に完成させたもの。人生や社会についの懊悩のはてに到達した親鸞の思想は、現代人にも通じるところが多い。財界人などからなる在野の研究成果として定評あるもの。

価格:600円(+税)|カテゴリー:若い人への古典案内

← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 →