HOME > 書籍一覧 > ビジネス・ライブラリ

ビジネス・ライブラリ

新着順書名順

全8ページ中1ページ目を表示しました(合計:72点)

← 1 2 3 4 5 6 7 8 →

ビイデビイデの紅い花―小笠原島流浪記―

[著者] 桜田靖

未来を悲観し今を否定する、そんな生き方は愚かである。人は生きていることに価値があり波任せでも回天の幸運はある。

価格:300円(+税)|カテゴリー:ビジネスパーソンのための「小説・ノンフィクション」

星影のセレナーデ(五)人間の運命の巻

[著者] 桜田靖

邯鄲、一炊の夢で喜び哀しみの学生時代を回想し、偶然遭遇した勝子さんに教えられ光子小母さんの現実を見て後悔した。

価格:300円(+税)|カテゴリー:ビジネスパーソンのための「小説・ノンフィクション」

星影のセレナーデ(四)別れと妄想の巻

[著者] 桜田靖

好きな人との別れはつらい。宴の余韻をかき乱した珍客が来ても、やはり好きな人と抱き合って寝る妄想を見た。

価格:300円(+税)|カテゴリー:ビジネスパーソンのための「小説・ノンフィクション」

星影のセレナーデ(三)青春純情の巻

[著者] 桜田靖

明日は今日に続くと疑わないし、それがある切っ掛けで二転三転しても荒波を越える小舟の如く生きていけるのだった。

価格:300円(+税)|カテゴリー:ビジネスパーソンのための「小説・ノンフィクション」

星影のセレナーデ(一)青嵐の巻

[著者] 桜田靖

昭和30年代初めに政府はもはや戦後でないと宣言したが、市井の人々は後半になっても戦争を引きづって生活していた。

価格:300円(+税)|カテゴリー:ビジネスパーソンのための「小説・ノンフィクション」

星影のセレナーデ(二)婦人達の色香の巻

[著者] 桜田靖

若い主人公赤嶺洋は、戦前、戦中、戦後を生き抜いて来た婦人達の男顔負けの勇ましさに驚きっぱなしだった。

価格:300円(+税)|カテゴリー:ビジネスパーソンのための「小説・ノンフィクション」

哀愁の都

[著者] 桜田靖

白百合の精のごとき想い人の清子と一夜の契りを結んだ。人生で一度だけ開いた永久に散らない仇花だったかもしれない。

価格:250円(+税)|カテゴリー:ビジネスパーソンのための「小説・ノンフィクション」

花冷えの都パリ

[著者] 桜田靖

加齢は悲哀だが若き日からの想い人と親しくなって幸せを覚えた。だが別れ際が辛い、散るを知って人は人花は花だった。

価格:250円(+税)|カテゴリー:ビジネスパーソンのための「小説・ノンフィクション」

湖は月の光に満ちて来る

[著者] 桜田靖

今は由緒正しい家柄でも、先祖を辿ればどこの馬の骨とも知れない。養女の母が氏素性知れずとも恥じることではない。

価格:300円(+税)|カテゴリー:ビジネスパーソンのための「小説・ノンフィクション」

女幽鬼・白い眼光

[著者] 桜田靖

十五夜の墓地で確実に現認した怪奇な事実を、翌朝目覚め皆から客観的に否定された神秘研究のリーダーは頭が錯乱した。

価格:300円(+税)|カテゴリー:ビジネスパーソンのための「小説・ノンフィクション」

← 1 2 3 4 5 6 7 8 →